生涯現役こそ真の成功

生涯現役こそ真の成功です。

アメリカの実業家・詩人のサムエル・ウルマン(1840.4.13- 1924.3.21)のメッセージのとおりです。

青春とは人生のある期間ではなく
心の持ち方をいう。


バラの面差し、くれないの唇、しなやかな手足ではなく
たくましい意志、ゆたかな想像力、もえる情熱をさす。

青春とは人生の深い泉の清新さをいう。
青春とは臆病さを退ける勇気
やすきにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。

ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。

年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うとき はじめて老いる。

歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。
苦悩、恐怖、失望により気力は地にはい精神は芥(あくた)になる。
60歳であろうと16歳であろうと人の胸には
驚異にひかれるおさな児のような未知への探求心
人生への興味の歓喜がある。

君にも我にも見えざる駅逓が心にある。


人から神から美、希望、よろこび、勇気、力の
霊感を受ける限り君は若い。

霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ
悲嘆の氷にとざされるとき
20歳だろうと人は老いる。

頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり
80歳であろうと人は青春の中にいる。

(宇野収、作山宗久訳「青春」より)
サムエル・ウルマンさんの時代から100年経た人生120年時代の今、
「120歳であろうと人は青春の中にいる」といえるのではないでしょうか。
事実、路加国際病院名誉院長・日野原重明(104歳)さんはいっています。

「創めることさえ忘れなければ人はいつまでも若さが保てます」

「私たちの身体の中にある遺伝子の約90%は使われずに終わるといわれています。良い遺伝子を目覚めさせるには、自分を常に新しい良好な環境に置くことが有効です。日々積極的にさまざまな体験をし、あなたの中に眠る才能を開かせてください。」

 

遺伝子の約90%が使われない!
シニアにとって働くことと幸福度には強い相関があります。

私たちは働くことにより経済的効用を得るとともに、生き甲斐や自己実現につながり、自尊心を養うことができます。
働くことにより健康が得られます。刺激があり、価値ある新しい情報が得られます。

社会から必要とされていると実感でき、充実感が得られます。
何年も地中で過ごしてきたセミが生涯の最後に地上に出てき一気に爆発するように、定年までは真の成功のための基礎づくりです。

定年までよりも密度の高い充実した期間が数十年あります。
真の成功とは、経済的にも、健康的にも、社会的にも、生涯、価値を創り続けることです。

生涯現役こそ真の成功なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ