リストマーケティングこそ最強ビジネス

リストマーケティングこそ最強ビジネス

インターネットの上で、お金も時間も手に入れる戦略には2つのモデルがあることを理解する必要があります。

なぜなら、お客さんは1種類ではないからです。

そう、お客さんには、次の5種類があります。
①アクセスのあった訪問者
②メルマガ読者や無料メンバーなどの見込み客
③初めて購入してくれた新規のお客さん
④2回~3回と購入してくれる固定客
⑤ほぼすべてを購入してくれるファン客

そして、インターネットモデルには、次の2種類があります。
①トラフィック(アクセス)を大量に集めて利益を得るトラフィックビジネス
②メルマガなどリスト(氏名とメルアド)を集めて利益を得るリストビジネス

ホームページを大量に作ってアドセンスで稼いだり、大量のブログをアップしてSEOで集客してアフィリエイトで稼いだりする
トラフィックビジネスで稼ぐことも、もちろん可能です。

ただし、トラフィックビジネスには、基本的に人と人の交流はありません。
サイトを設置して、だれか欲しい人が買ってくれればお金が入ってくる自動販売機のようなイメージがあります。

最適のキーワードを選んで大量のアクセスを集める必要があります。
対象とするのは、5種類のうちの①アクセスのあった訪問者をお客さんとしています。

これに対して、リストマーケティングが対象としているのは、次のお客さんです。

②メルマガ読者や無料メンバーなどの見込み客
③初めて購入してくれた新規のお客さん
④2回~3回と購入してくれる固定客
⑤ほぼすべてを購入してくれるファン客

ここで、リストマーケティングの流れを確認しておきます。

①リスト(氏名とメルアド)を収集する
②そのリストに対して信頼関係をつくる
③リストに対して商品を紹介または販売する

リストマーケティングでは、人と人との信頼が”命”です。
しっかりしたブランディングを築きあげて、
価値のある情報を届け続けることで収益が持続するビジネスです。
実は、ネットビジネスに限らず、あらゆるビジネスにおいてリストが最高の財産となります。

いかに今のビジネスでつまずいたとしてもリストさえあれば、あなたの商品や情報に興味をもっている見込み客に対して何度でもアプローチすることができるからです。

メール配信数が1000から5000~10000と多くなったところで支払うシステム費は同じです。

これほど費用対効果の高い通信方法はありません。

リストマーケティングのメリットを要約すると次のとおりです。

①コストが非常に低い

DMなどのばあい、ハガキならば52円かかります。それに対し、メルマガならばコストはほぼゼロですみます。

②配信するまでの時間がかからない
送るタイミングは送信者がコントロールできます。今すぐ告知したいと思ったら原稿を書いて送るだけです。
紙媒体のばあいは、制作・印刷の時間がかかります。

③何回でも書き直しできる
紙媒体のばあいは、デザインや印刷の修正費がかかりますが、修正費を気にしないで何回でも書き直しできます。

④顧客との信頼関係が築ける
見込み客や既存客との接点を持ち続け、フォローすることができます。
専門家としての信頼が得られ、ファンが生まれるようになります。

⑤情報の二次元利用や三次元利用が可能
デジタルデータのため、ウェブサイトやブログなどへの転用が容易にできる

⑥商品の販売ができる
サイトやブログへ誘導することがスムースにできます。そのため、途切れのない販売への流れが作れます。

⑦テストマーケティングができる
対象とする人を2分割し、AとBどちらが効果があるのかを測ることができます。

⑧質の高い情報を出し続ける中で、講演依頼、出版依頼、業務提携の話が決まる

このように、リストマーケティングこそ真の勝利を手に入れことができるビジネススタイルなのです。

さらにお役に立てる情報をメールマガジンで配信しています。

メールマガジン登録は
こちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ